チュースンタック!

カナダワーホリ、デンマーク留学、国際結婚とおいしいもの

デンマーク留学について⑩ヨーロッパ内を旅しよう!ホイスコーレ遠足はベルリン!

食に次いで大好きなトピックの、旅行について!

f:id:holbaek:20170927094234j:image

(この写真は確か5年前くらいに撮ったイタリア)

 

まず、デンマーク滞在中の5ヶ月弱の間に行った国は

の5カ国です。

本当に、拠点をヨーロッパにすると何カ国も旅できて超絶嬉しい。。

カナダとかだと、カナダ自体がとっても広いので国内を旅行するだけでも楽しめると思うし、アメリカや南米なんかは日本からよりうんと行きやすくて便利ですよね。でもやっぱりヨーロッパの各国の色の違いや他国への行きやすさ(距離や入国手続き)なんかと比べてしまうとちょっと物足りないですよね。ちょっとどころではないのですが。

 

そしてヨーロッパに行った際に何カ国も巡るメリットとして、とにかく移動が安い!

カナダの場合は例えばバンクーバーからトロントへ飛行機で行くのにも往復5万とかしたりします。国内なのに〜〜高いよ〜そして電車は限られた区間しか通っていなかったりするのもすごく残念。。

ヨーロッパの場合は、ヨーロッパ内だけでLCCが何社もあり競合しているからか安い航空券がわんさかあります。国をまたいだ片道1〜2時間のフライトの往復チケットが1万円くらいであったりもします。しかも短距離、長距離含めた鉄道があちこちで通っているので隣国だったら鉄道で行くことも多いですよね。鉄道だと飛行機より高くつく場合なんかもあります。でも寝台列車なんかもあったりして、場合によっては飛行機+ホテルよりも寝台列車の利用が都合が良かったりもします。

学生の頃にヴェネツィアミュンヘン間を寝台列車で移動しましたが個室にシンクがあってとっても快適で、景色も楽しめて、車掌さんが朝になるとホットドリンクとサンドウィッチを持ってきてくれたりして、古い電車内でのすべての経験が新しくって一生忘れないです。ヨーロッパの寝台列車はいつかまた経験したいのでいずれまた色々調べてみたいと思います。

 

そしてデンマークからの旅についてですが、マルメの日帰り以外はかなりあちこち行って書くこともたくさんありそうなので今後留学とは別に旅行カテゴリーとして書いていきたいと思います。

今回はホイスコーレでの遠足で行ったベルリンについてお伝えします〜

 

ちなみにベルリンへの旅行、今回が3度目、ドイツ自体は4度目と、あまりフレッシュ感の無い旅でしたがそれでもやっぱりベルリン最高です。旅行でもう一度いきたい場所5本の指に入るところで、住みたい街ナンバーワンです。

ただ、今までの旅行と違った点はデンマークから(約10時間?)バスでの移動ということ!そしてお弁当が配られる〜!

 

 

f:id:holbaek:20170927092205j:image

ジャジャーン!このモリモリっとした紙袋の中身は・・

f:id:holbaek:20170927092206j:image

ジャジャジャジャーン!

水とりんご(2つも!)、ミューズリ付きヨーグルト、サンドイッチ、バナナ、ガム、マフィン、にんじん(ラップでぐるぐる巻きだよ!)、メントススニッカーズ

と盛りだくさん。ちなみにりんごとバナナとお菓子の類は食べきれませんでした。。にんじんは食べました。と、キッチンさんたちが用意してくださったランチバッグ?が配られたのでみんなバス内ではむしゃむしゃと食べまくっていました。バスや電車で食べるご飯って楽しいな〜〜

ちなみに出発は確か朝の6時とかでめっちゃ早かったので寝てる人が多かったです〜

f:id:holbaek:20170927093434j:image

参加した男の先生たち、わーきゃー盛り上がる女の先生たちの横でみんな揃って黙って新聞をむさぼり読んでた。

 

しばらくバスで走ると、海が見えてきます。

そう、ここからはフェリーでバスごと移動です〜!

Scandlines - ferries to Denmark and Sweden

フェリーの中には免税店もあるしちょっとした飲食店もあるし、何より長いバス移動の合間に歩き回れるのはありがたいですよね。

ちなみにここで国境を超えますがパスポートチェックは特にありません。免税店だと必要になるのかな?充電する場所なんかもあって景色も綺麗でとっても良かったです〜

 

そしてフェリーでドイツに着いてまたしばらくバスで走り、ベルリンへ!

確か夕方ちょっと前に着きました。基本の遠足の内容は美術館やギャラリー巡りですが、とにかく自由な学校なので、行くか行かないかは自分で決めます。何通りか学校側でこのジャンルのツアー、このギャラリーへ行くツアーなど用意してくれてますので行きたい人はそれについて行く感じです。

私はそれよりも行きたいとこがあちこちあるし、ベルリンに友人が住んでいて会う約束をしていたのでほとんど別行動していました。先生も「オッケー!いってらー☆」みたいなノリです。

 

到着したその日にまず行きたかったところが Landsberger Allee駅を出てすぐのところにあるケバブ屋さん。何度か行っているのに全然名前がわからない。。本当にググってもなかなか出てこないような、無名っぽいケバブ屋なのですがめちゃめちゃおいしい。

Generator Hostelが駅のすぐ横にあるのですが、駅からHostelへ行くまでの道中にあります。観光客が入っているところはあまり見かけず、従業員&客の全員が男性だったこともあったり、なんとなくもさっとした(笑)場所ですが異国感がたっぷりで大好きな場所です。

 

f:id:holbaek:20170927093558j:image

サイズ感がなかなか伝わりにくいですが、めちゃめちゃ空腹の時にこれを食べて満腹になります。普通に空腹なら2人でケバブ一つとスープ一つでお腹いっぱいになりそうです。

お値段は確か4ユーロしないくらいで、もうベルリン最高ですよね。

ドリンク類も2ユーロ前後だった気がします。ジュースやコーヒーホットチョコレートやお酒と、かなりメニュー豊富です。スープもレンズ豆のスープの他にあと2,3種類でどれも3ユーロくらいかな?ケバブ以外にもいろんなメニューがあって、1週間毎日ここへ通っても苦じゃなさそうです。前回滞在時は確か4泊くらいで2,3度お世話になりました。笑

ドイツが発祥のケバブ、日本で食べるよりお肉もお野菜もおいしいし、パンの部分もカリッともちっとしてるしで全然違います〜ちなみにデンマークで食べたケバブはまずかったです〜笑 あーケバブ食べたい。。

 

f:id:holbaek:20170927093625j:image

そしてその日は長旅で疲れていたのですぐに寝て、翌朝はホテルのブレックファースト!

Transit HotelHotel Transit?なんだかホステルのような場所でした。60人だか70人だかで泊まるので普通のホテルだと難しいですよね。

朝食はあまり期待していなかったのですが、デンマークでもおなじみの黒パンや、ワッフルの他に何種類かパンと、数種類のハムやチーズ、ありがたいことにお野菜も少しあったりして、結構美味しくいただきました。コーヒーマシンの横には暖かいミルクが置いてあったのも良かったなあ。

 

 f:id:holbaek:20170928091157j:image

ヨーロッパのなかでもドイツの電車がなんだかすごく好きで、ベルリンはめちゃめちゃいい。何番線だか覚えてないけど外を走ったりする黄色い電車は特にノスタルジック!

 

 

ご飯を食べたらこの日は美術館ツアーの最初の部分だけ参加しました。

財布を部屋に忘れて大騒ぎで戻って学校のバスに乗ろうとしたら置いて行かれ(!)電車を使って最寄りまで行って走るというトラブルに友人を巻き込みながら(本当に申し訳なかったー!冬なのに汗だくだった!笑)なんとか参加してきました。

 

 

コンテンポラリーアートの美術館だった思うのですが、インスタレーションや確か写真や、絵画などいろんなジャンルのアートが並んでいて、体験型のインスタレーションなんかもあってとっても楽しい空間でした。これも名前がわからないんですが、ベルリンにはこういった美術館などがたくさんあって、歴史的なところからコンテンポラリーに特化したところなどアートに興味のある方ならとっても楽しめる場所だと思います。

 

f:id:holbaek:20170927093707j:image

美術館の後はあちこち一人でお買い物でウロウロして、ベルリンに住む友人と合流して焼肉!

デンマークでの味に疲れてきていたのでアジアの味が恋しくてここを選んでもらいました〜

他民族の街ベルリンだとデンマークにはあんまりないアジア系のお店や中東や他ヨーロッパ系のお店なんかもたーくさんあっていいですよね。しかもおいしい。

 

f:id:holbaek:20170927093739j:image

焼肉屋さんでは1杯した飲まなかったのでバーに移動して飲み直し!

友人お気に入りのバーなんだとか。日本でこの扉を見たらちょっと怖いけどベルリンならあり。 

f:id:holbaek:20170927093751j:image

店内はこんな感じで、明るく補正してこの程度。

ヨーロッパのバーって店内暗い店がめちゃめちゃ多い!トイレが明るかったりしたらもう自席に戻るのが恐怖!笑 外から見たら真っ暗闇の店内も中に入ると意外とお客さんがたくさんいて盛り上がってたりするのが面白い。

f:id:holbaek:20170927093826j:image

ヨーロッパの人々、本当にキャンドル好きよね。

ビールはヴァイツェンにしました。ヴァイツェンは小麦で作られているから、ラガーとかと違って合わない人もちょこちょこいるみたいですね。これは3ユーロくらいだったかな?タップのビールもドイツは2ユーロとかで飲めるとこがあったり、安くて美味しくて日本と違った盛り上がり方で楽しい。

この後もう1件バーに移動して飲み直して、その場で出会ったイラン人の女の子と3人でしばらく飲んでホテルへ戻りました〜

ベルリンは夜遅く歩いてもあまり怖いと思うことがなくて、なんだか東京にいるような気分で夜遊びも楽しい〜

 

翌朝も一人でお買い物や街ブラをしてコンテンポラリーアートのKWへ。

KW Institute for Contemporary Art

 

f:id:holbaek:20170927093846j:image

前回ベルリンへ行った時はもっとコンテンツがモリモリでおもしろかったな〜

今回はかなり前衛的なインスタレーションで、エンプティーなエリアが多くて私にはちょっと難しかったです。

その時の内容によってかなり振れ幅大きいけど、このエリアもファッションやカフェなどおしゃれなお店が多くてKWついでにあちこち見るのも楽しいです。セレクトショップとかが多かった気がします。

f:id:holbaek:20170927093906j:image

そしてまた友人と、友人のルームメイトと合流しバーへ。

友人はフォトグラファー、ルームメイトはミュージシャンで二人ともファッションも好きで、色々おしゃべりしていたらあっという間に時間が経ってしまったのですがチャチャッと締めて、フィルハーモニーへ☆

学校側の遠足の内容の中に希望者だけがチケットを購入してフィルハーモニーのコンサートを見に行ける、というのがあったので行ってきました。

フィルハーモニーは会場が2つあるそうで、行ってみたら小さい方だと判明!オーケストラとかでなく、バイオリンとピアノのみでちょっと期待していたのとは違かったので最後までは残りませんでした。

フィルハーモニー行かれる方は、どの会場か、どんな演目か(たいていの方は確認されると思いますが!)事前に確認されるといいと思います〜

 

その夜はホイスコーレの友人とスーパーで買っていたビールやおつまみを持ち寄り、ホテルのロビーのソファで深夜まで飲み、ドイツ人のおじちゃんグループも気づいたら一緒になっていて(何を話したんだろう〜)ほろ酔いで就寝しました〜〜

f:id:holbaek:20170927093924j:image

最終日はとにかく最後のお買い物と、再びホテル近くでケバブを買い(笑)バスに乗り込みデンマークへ!

f:id:holbaek:20170927094003j:image

みんなも満喫しまくったようで、お昼頃の出発でしたがバスはしーんと静まり返っていました。笑

 

という、ほとんど学校のイベントに参加しないままの遠足でした〜〜

ここでデンマーク留学シリーズはおしまいです。が、他にもデンマーク鉄道など、デンマークに関する記事をちょこまか書く予定ですのでよろしければお付き合いください〜