チュースンタック!

カナダワーホリ、デンマーク留学、国際結婚とおいしいもの

カナダワーホリについて③お仕事(ダーク編)

f:id:holbaek:20170818034503j:image

ワーホリで来る方のほとんどが気になることが、お仕事のことかなと思うのですがまず最初にお伝えすると私は3種類の方法で、収入を得ました。2つは二度とやりません。笑

 

バンクーバーでの滞在が4ヶ月だけだったのですが、やっぱり4ヶ月一切収入ないのってちょっと不安だなあと、学校が終わる前にジャパレスやカフェを受け、無事お仕事をゲットしました!しかし、トロントへ引っ越すことは伝えておらず、しかもお店の方がとっても親切な方で、トレーニングが終わった頃にはい、さようなら!なんてできない!と思い改め結局お仕事は辞退しました。そりゃ当然ですよね。面接にお時間を割いてくださったあの時の方、ごめんなさい。

でも学校が終わったら1ヶ月時間はあるし、トロントでまた語学学校にも行きたいし・・と悩んだ末友人から提案されたのは、チャットレディ!笑

友人曰く自分の好きな時間に在宅でチャットして日本の口座に振り込まれてお小遣い稼ぎにいいよ!とのことで、試しにウェブサイト開いてみる、くちこみを見てみる・・なかなかえぐいな。笑

・・で、やりました。チャトレ笑

まあ案の定結構な額払ってただ女の子と気軽にチャットだけできればいいよ♪なんて方はまずいないです。画面越しの露出狂に会いました。(ソッコーブロック)パンツの色ももちろん聞かれます。(緑だよと伝え沈黙になりました)脚フェチに出会い小一時間ひたすら脚をスクリーンに写し続けるのもやりました。(でもこれは脚だけ出してればお金が入るというありがたいフェチの方でした笑)

とまあ、予想通りなんですが、これ以上のことは全部NG, NG, NG〜〜〜!とちまちま稼いで1ヶ月ちょっとで2万弱くらいだったかなあ。誰に迷惑をかけるでもなしにできる仕事だったから仕方なしにやりましたけど、2度目はないです。

海外でお仕事が見つからなくてほんとーに困ってるならありだと思いますけど、ある程度の覚悟は必要です。

 f:id:holbaek:20170818034831j:image

そしてトロント、こっちでもバンクーバーと同じような感覚ですぐ仕事見つかるかなーなんて思ってたのですがなかなか思うように進まず。

できればネイティブカナディアンと働ける環境がいいなあと思っていましたが、まあ皆英語喋れる環境で片言英語の日本人を雇いたい一般のお店ってなかなかないです。

大好きなシナボンも受けました。匂いにつられて。で、なんと面接までこぎつけたんです!イェイ!面接まで行けば高確率で受かると聞いていたからもう期待しまくって行くじゃないですか!そこで「あ〜ビザの期限残り7ヶ月かあ、ごめんね!」と!オーマイガッシュ!「本当はあなたのこととっても雇ってあげたいけどね、ほら、トレーニング終わって慣れてきた頃にはバイバイでしょ、ここのみんなはカナダ人で期限とかないしさ・・」ってめっちゃ慰めてくれてせっかく働けるビザなのにいいいと悔しくてまあ泣きますよね。笑(ちなみにしょっちゅう泣きます笑)

しょうがない。外国人の立場わきまえてこーともう諦める。

 

そこで、ちょっと仕事探しにも疲れてそろそろ日系行くかーと探し始めた頃に見つけた「おでんバー」時給もいいし、立地も良さそうだし、と応募するとそこの女性オーナーから電話があり、簡単に電話でおはなしした後に「どう?今日1日働いてみる?お給料はちゃんと出すよ。その時に面接もしよう。」と。

やっと仕事だー!とわくわくで行くじゃないですか。その時は開店前だからかな?と思ったけどなかは薄暗くて、個室がいくつもあってカラオケみたいだな〜と思って進むとバーカウンターがあり、そこに60代くらいのきらびやかなおばさんが。

世間話から始まって仕事内容や給料形態・・「男の人に女の子一人づつついて、最後にもらったチップがあなたの1日のお給料だから。もし100ドル下回ってたら100ドルは私が保証するから。」って完全にキャバクラじゃないかーーい。

もうその夜働くていで話進んでたし(1日働くって仮入店だったのね)どうにかして逃げられないかと、みんな自前で衣装を揃えてるっていうので、ドレスとか、ヒールの靴とか持ってきてなくて・・と伝えてみると「じゃあ今日休みの子のやつ着てみよ!」と早速着せられる。靴もぴったりジャーン!てまんまと乗せられて、やりましたよ仮入店。

 

基本一晩で1グループを数人で接客したら終わり、と聞いていたのでもうとにかくその場をやり過ごそうとべろべろのおっちゃん達とボディタッチ激し目なカラオケを数時間、やっと帰れる!と思った頃に「お得意さんがきちゃって!どうしても人が足りないの!お願い!!」とおばちゃんに諭されもう1グループ・・。

しかもそのお客さん曰く飲食店チェーン経営者とカナディアンマフィアらしいじゃないの〜〜そもそもマフィアって何やる人なの〜〜もうね、超絶羽振りが良いから、お店のママさん?なんかいちばんセクシーなお姉さんも登場してまあ踊るわ脱ぐわ。そしてチップが飛び交う。

飲食店経営者はやばい粉で鼻白くさせてるし、マフィアは外で何を吸ってるのかわからないししかも飲まされ続けて次第に酔っ払ってくるし、なんかもう私史上最強のダークサイドだわーって眠たくなってきた頃に閉店の時間。やったー!!とそこでおばちゃんから、あの経営者があなたのこと気に入ったから一緒に帰ろうって、他の女の子と一緒にその人の経営する店で朝ごはん食べ行こうって言ってるわよ!って。

もう無理です!とは言わずに丁寧にお断りして、早朝だったしタクシーだかなんだかで家まで送ってもらって無事帰宅となりました。

朝学校へ行ってからは怒涛の1日だったな・・

と、結局その日は一晩で400ドル稼ぎました。

平均してみんな一晩で100〜200ドル程度だと言っていたので、マフィアのおかげです。ありがとうカナディアンマフィアと経営者。朝ごはん行ってたら倍の額くれるとか言ってた。怖すぎ。

 

という感じで、カナダでのお仕事ダーク編でした。笑

もう2度としないけど、人生1度はこういうことがあっても良いと思います。普段見れない世界を見るのって興味深い。本当にお金に困ってる人はこういう手段もありますが、自分の身は自分で守ることが大事なので、おすすめはしません。

次はジャパレス編でーす。