チュースンタック!

カナダワーホリ、デンマーク留学、国際結婚とおいしいもの

クリスチャンのブックカフェ

なんと3日ぶりに再び車内に鍵を閉じ込めたJさん(夫)です。もうやる〜?

来月は私が先に日本へ、そして再来月はJさんも日本へ来て移民が完了するまで滞在する予定のため(日本の美味しいもののため)節約中なのですが、今月だけで2度の鍵閉じ込めで110ドル、解約しそびれたTVの契約料40ドル(普段テレビを見ないのに契約されていた)で計150ドルのうっかり出費・・!イタタ!

J父、J弟も鍵閉じ込めの常習犯だそうで、血は争えない〜〜けどお願いだからもうやめて〜

 

という事で閉じ込めた車を停めたのはクリスチャンのカフェ兼、本屋さん。

本屋さんといってもCDや雑貨、ぬいぐるみなんかも置いてあります。

私は宗教のことは全く詳しくないのですが、カナダはクリスチャンの方がとっても多いそうで、 JファミリーやJ弟嫁もクリスチャンです。

なので家族が集まる食事の場面では必ずお祈りがあるのですが、やはりまだまだ慣れません。一緒にアーメンを唱えるべきなのか?でも信仰しているわけでもない人が言ってもいいものなのか?国際結婚された方達や海外で過ごされている方、そう言った場面ではどうなさっているのでしょうか〜

ちなみにJさんと二人きりの時はJさんは心の中で唱えるそうで、お祈りを耳にすることはありません。

 

クリスチャンのブックカフェ、とはじめ聞いてもよく分からなかったのですが経営者や従業員がクリスチャンで日曜はお休みで、店内にはいたるところにクリスチャンアイテムがあります。というか、よくよく見ると全て関連しているのもしかして?というぐらい店内は"God"や"Lord"、"Bible"など言った言葉であふれています。

 

f:id:holbaek:20171020070220j:image

こどものおもちゃなどのコーナーにはミニバイブルが

 

f:id:holbaek:20171020070253j:image

同じコーナーにはかわいいシール!

と思いきや”Listen to the Lord” や”Faith(信仰や信念など)”や”JESUS”などなど。

 

f:id:holbaek:20171020070532j:image

f:id:holbaek:20171020070547j:image

スマイルには”Smile, God loves you a bunch” 

お魚には"JESUS”、お花のやつは"BIBLE”そして”Our father”などなど。

なかなか軽くて重めのシール達。

 

f:id:holbaek:20171020070929j:image

ポストカード文化の盛んな北米はドラッグストアやスーパー、どこへいっても山ほどカードが売ってます。

ここにもめちゃめちゃ豊富にあって、これはバースデーコーナーのユーモアシリーズのひとつ。

f:id:holbaek:20171020071104j:image

中を開くとここにもGodの文字が。

ここで販売されてる全てのポストカードにバイブルからピックアップされたであろうセンテンスが書いてありました。

知らずに、もしくは気付かずにクリスチャンじゃない方に送ってしまったらなかなか気まずいというか気まずいどころではないことになりそうですね。

 

 

ぱっと見の外観では簡単には分からないお店なので、なかなか衝撃的でした。

良いも悪いも特にないのですが、日本で暮らしているとなかなかこういったお店には出会わないので私には新しい世界だなあと感じます。

2,3週間前にJ弟夫妻と一緒に日曜の参拝にも参加させてもらったのですが、カソリックとはまた違った、あの参拝の盛り上がりの風景やTed並みの熱いトーク、これもなかなか不思議でした。宗教の世界は普段見えない部分がたくさんあって、結婚やお葬式など人生の節目節目のイベントの仕方も様々で興味深いです。

 

ちなみにカフェの方は今回は利用しなかったので、また次回行った際にお伝えしたいと思います〜!今日は鍵が無事ですよーに。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村