チュースンタック!

カナダワーホリ、デンマーク留学、国際結婚とおいしいもの

デンマーク留学について④学生ビザの取得(2016年冬申請)

f:id:holbaek:20170905071510j:image

あ〜麦とろご飯が食べたい。

全然時系列じゃなくなってますが、学生ビザの取得について。

フォルケホイスコーレに通うには、ワーホリでも行くことができますが私はもしデンマークがとっても良ければその後ワーホリに切り替えて延長することもできるようにと思い学生ビザで申請をしました。

 

Denmark in Japan

HP自体は、スッキリしていて見やすいのですが、ご覧の通り2017年9月頭時点で必要書類チェックリストのページは準備中です。私個人の感想としては、カナダワーホリ申請よりずっと楽でした。MyCICとか作業が何度にも分かれてたりめんどくさかったなあ。

しかも代官山のデンマーク大使館で申請するのですが、その場で簡単に書類等確認してくださるので、少し安心ですよね。あまり頼ってしまうのはよくないと思いつつも、ありがたい。

 

まず、学生ビザで渡航の場合に行うこととして

①学校へ入学のアプライをしよう

ここからですね。私はHP上にあった申し込みフォームに希望の部屋のタイプ(お部屋にシャワーがついているものとか、個人部屋や2人部屋などあり)と個人情報と、今までの経歴、なぜそこへ通いたいのか、を入力して申し込みました。

私の場合は5日後に"We are pleased to inform you that we would like to welcome you as a student for Spring 2017"というメッセージとともに3つのPDFファイルを受信しました。

1つが、申請にあたりとっても重要なST1という学生ビザのアプリケーションフォームのPart1でこれが申請者記入用。

2つ目がST1のPart2で学校側が記入したもの。

3つ目が選んだ部屋のタイプに基づいた合計金額と振込先、キャンセルや到着日に関して、1日の流れなど学校生活、学校自体に関しての情報。

 

で、2つ目のST1ですが、私の場合は申し込みをした段階で既に学校側の記入済みのST1が送られてきたのですが、多分通常は学費を振り込んでからなのでは?と思います。お金払う前から学校が許可出しちゃってるし笑 大使館でもそんなやり取りをしました〜

あと、まあこの段階で色々ゆるい学校なんだなーと気づけたと思うのですが、申し込んだ希望の部屋と異なる部屋になって請求書が来てたり(もしかしたら希望の部屋が埋まってたのかもだけど特に言及なし)、地味に申込書が全ページ歪んでたり笑 そもそも、送られて来たST1が古い無効のフォームだったり・・フォームに関しては大使館で指摘を受けその場で新しいものを印刷して用意してくださりそこで全て記入し直しでなんとかなりました。笑

f:id:holbaek:20170905071525j:image

ちなみにこれが送られてきた古い方のST1

 

②国際送金をしよう

学校から請求書が届いたら、国際送金をします。

で、オススメがこのTransfer Wise

transferwise.com

カナダでのワーホリの時も自分宛に海外送金はあったので色々見たりはしましたが、やっぱり銀行で海外送金を申し込むと結構手数料やらレートの関係やらでさっ引かれるなあと思い、再度調べ直して見つけたのがトランスファーワイズ。

私が使った時はほぼ全て英語だった気がしたのですが、日本語表記が選べるんですね!詳しい説明とかも日本語で確認できるようになってて便利〜

指定されたDKKを送るのに、いくらのJPYが必要になる、とかもわかり易いしここのHPもデザインがすっきりしていて見やすいのが嬉しい。

トランスファーワイズで口座を開設したのち、トランスファーワイズから指定された振込先に銀行振り込みをします。そのあとトランスファーワイズ側からデンマークの口座へ送ってもらう流れです。

時間もそんなにかからなかったし、当時あちこちデンマーククローネを送れる銀行へ問い合わせをして手数料等を確認していたけど、それよりうんと安くてとっても助かりました。

今カナダへワーホリに来ている友人にもトランスファーワイズを教え、利用したそうですがすぐに振り込まれたと言っていました。大金を現金で持ってくるのはちょっと不安だから、ワーホリとかで現地に口座を持ったらすぐに送金してもらえると安心ですよね。

あと、今チェックしたところ currentry unable になっていたのですが、わからないことがあれば電話、メールの他にチャットでも相談が可能です。私の場合は画面がエラーか何かで本来表示されるべき画面が表示されていなかったため相談し、すぐにシステム系の修復をしてくださり問題なく手続きができるようになりました。カスタマーセンターの方達がフレンドリーな文体で堅苦しくないのも人間味があっていいなあと思いました。

また日本への送金等が必要になりそうなので今年中に再度お世話になる予定です。

 

③ST1 Part1を記入しよう

お伝えした通り、私は一生懸命古いフォームを埋めたのですが笑、新しいフォームはインターネットで簡単に見つかります。おそらく現時点での最新版だとは思うのですが、申請の際にはよくご確認ください。

https://www.nyidanmark.dk/NR/rdonlyres/15F45659-D2F1-48B2-BE57-826DBB820CB8/0/st1_en_residence_permit_students.pdf

まず最初に出てくるCase order IDですが、

New to Denmark - Fees

こちらで取得が可能です。

Studyで現時点で2315DKKですね。1年前のnyidanmarkからのレシートを見ると1845DKKだったので随分値上りしてるんですね・・

DKK自体がレートがかなり上がってるから、学費も同じDKKをJPYで換算すると6万円も違くてびっくりしました。またいつか下がるのかなあ。

 

後は質問に答えて埋めていきます。ページ数は多いように感じますが途中は説明文などで埋める箇所はそんなに多くないです。

私は適当に流し読みしてて"Please complete in Capital letters"に気づかず全部埋めた後にげっ!ってなりましたので、Capital letterですよ〜ご注意くださいー!

 

④大使館にて申請しよう

さて、全部用意が揃ったら後は大使館の予約です。

メールにて予約が必要です。電話問い合わせは受け付けてないそうなのでご注意。

タイトルに就学許可申請予約(氏名)と内容に氏名、国籍、電話番号、予約希望日を記載し送ると英語にて返信が届きました。

割と予約がいっぱいで希望日が通らなかったりするので、複数希望日を伝えると何度もやり取りをしなくて済むかと思います。

 

代官山のデンマーク大使館まで行くとインターフォンがありますのでそこで学生ビザの取得で予約している旨を伝えると中へ通してもらえます。さすが大使館だけあって扉が重厚。ロック解除してもらったのに重くて閉まってると思い込んで係りの方が迎えに来てくださった。。笑

 

提出するものはST1のフォームの中にCheck listがあるのですが、

⑴記入したST1のPart1

⑵学校から送られて来たST1のPart2

⑶入金の確認できるもの

→これが、学校からは領収書等送られて来なかったのでTransfer Wiseのレシートを印刷して持っていきそのままで大丈夫でしたが確実ではないので、領収書が届かない場合は学校側に問い合わせるといいかと思います。

⑷パスポートの表紙含む全ページのコピー

→一番めんどくさかった・・

後は当日パスポートを持って行ったのと、Case order IDの支払いの証明が必要だったそうなのですが何も印刷していかなかったためその場で大使館のメールアドレスにレシートの画面のスクリーンショットを送り受理していただきました。対応された方にもよるのだと思いますが、意外と柔軟に対応してくださってとっても助かりました。

ちなみに学生ビザと言っても、フォルケホイスコーレなんかは学費に生活するための現地での費用が含まれているので資金証明が免除だったりと注意書きが色々ありますので大使館へいかれる前によくご確認ください。

 

当日は顔写真の撮影、指紋の採取、タブレットみたいな端末で署名をして、あとは椅子にかけて待っていると書類等を確認くださり、30分くらいだったかなあ、私はちょこちょこ不備があったので少し時間がかかったのですが、そうでなければもっと早く終わりそうです。

2〜3週間ほどでうすーい封筒に入ったビザが届きましたが、もっと時間がかかっている方も多いようなのでご注意ください。私は比較的出国間近だったので、もし出国までにビザが届かなかった場合に関して大使館で確認したところ、確か現地に着いてから移民局で問い合わせて受け取ることも可能だと仰っていたので、出国まで期限があまりない方は一度確認されるといいと思います。

 

合わせて現地の手続きも書くつもりでしたがだいぶ長くなってしまったので次回に〜!