チュースンタック!

カナダワーホリ、デンマーク留学、国際結婚とおいしいもの

デンマーク留学について②いざデンマークへ!

さて、できるだけ時系列で進めていこうとおもいます〜〜

 

まず、12月末に会社を辞め、1月からデンマークへ!

ちなみに1月1日時点で日本を離れていて、かつ区役所等で海外転出届けを出している場合、翌年の住民税を払わずに済むそうです。(条件や詳細はご確認ください〜)年末年始あたりに海外渡航される方はそのへんも合わせて出発日を検討されると良いと思います。

 

で、今回は羽田から深夜発のカタール航空

f:id:holbaek:20170831052742j:image

(この写真はドーハで撮ったもので、たぶんこの規模のジャンボジェットは羽田には着陸できないはず〜〜)

とにかくヨーロッパ行くのに時間がかかる中東経由便だけど笑、でも料金やサービス面でやっぱり選んじゃう。ターキッシュもエティハドも悪くないしむしろいいけど私はカタールが好き。

 

チケットは往復で買いました。片道だと入国の際にトラブルになる場合もあるとか、不安なので〜 1年以上とかだと往復買えないかと思うんですが、片道で買うより適当な日付でも往復で買っちゃって復路は使わないとかの方が安い場合が結構多いのでどちらにせよ往復チケットは無難かと思います!

私のチケットも往復7万の激安でした。だけど!乗り継ぎ時間が9時間!物価高のドーハの空港で何しようかと調べ、クレジットや航空会社の上級会員とかじゃなくても入れるラウンジを発見。

Lounges Information | Hamad International Airport

ここの、オリックスラウンジがたしか50USDとかでした。

最大6時間滞在できて、しかもシャワーつき。軽食やドリンクも豊富。WiFiも他より繋がりやすくて、常にお手洗いはお掃除されていて清潔で、ほぼ横になった状態で眠れるシートが置かれたquiet roomなんかもあったりして価格以上の価値があると感じました。

f:id:holbaek:20170831042036j:image

この茶色い食べ物はなんだったかな〜〜トマトと一緒に食べるとおいしかったのは覚えてるけど、中東っぽい味付けのお料理。飲み物はストロベリーバナナスムージー。

時間帯によって軽食の内容が変わって、トムヤムクンスープみたいなのもあったり、6時間も滞在しているといろいろ試せて楽しかったです〜〜

f:id:holbaek:20170831042002j:image

そしてドーハ空港といえばこのテディベアですね!

アートにお金がめちゃめちゃかかってる空港で、そこかしこに世界から集められたアート作品があります。さすがお金持ち国家。ドーハ空港たのしい。

ちなみにラウンジといえば、20代の方ならJALのクラブエストに申し込むと国内線利用時にさくらラウンジが数回無料で使える特典ありで、国内線アップグレードも可能でしかもボーナスマイルがたくさんあって100円で1マイル貯まって、5年間マイル有効でめちゃめちゃおすすめです。

空港で働いてた時も、20代の商社マンとかでクラブエスト使ってる人ちょいちょいいたなあ〜〜私は10万マイル以上貯めてビジネスでヨーロッパが目標で、いま半分くらいなのでマイル期限内には行ける気がする。

jalcard.jal.co.jp

ちなみに私のはクラブエストのCLUB-Aというやつ。旅行保険付き!

紹介だとさらにマイルもついて初年度がっつりマイル貯まります〜〜(ちなみに上記はオフィシャルサイトで紹介ページとかではないです気になる方はお知らせください〜)

そしてJALカタール航空ワンワールドだよ〜〜

 

と、脱線しすぎましたが、機内でも機内食を楽しんで、デンマークコペンハーゲンのカストラップ空港へ到着!

EU国外からの入国がとーっても混んでいて、しかもゲートから入国審査の場所が超絶短くて、エスカレーター上に人が止まった状態になるほど溢れかえっていました。

審査自体はスムーズだけど、混雑でかなり時間がかかるので19:40着の便でしたが、コペンハーゲン市内へたどり着いた時は22:00近くでした。。

ちなみにコペンハーゲンの空港は、市内からとっても近くて遅延等なければ最短15分で中央駅までつきます。これはすごく便利。

 

で、その晩は予約してあったホテルでチェックインを済ませそっこー就寝。

翌日はコペンハーゲンから離れた学校への移動です学校編は次にご紹介します〜〜

f:id:holbaek:20170831060820j:image

学校出発前の電車待ちの際に中央駅で食べたパスタ。どでかすぎてぜんぜん食べれなかったしさらにパン、デンマークが太らせにかかり始めた日。