チュースンタック!

カナダワーホリ、デンマーク留学、国際結婚とおいしいもの

カナダワーホリについて①語学学校(バンクーバー)

f:id:holbaek:20170817072744j:image

 時間がたくさんあるのでまとめて更新しちゃいます。

 

まず、大学卒業後に新卒というブランドを捨てて向かった先は、カナダ!

本当に、たいていの人は生涯に一度しか手に入れることのできない"新卒ブランド"当時はそのブランドの力をろくに知りもせず、片手で数えるほどの就活をして、内定をいただいて、ぽいっと放り出して今となってはまあ、なんてもったいないことを・・と思いますがでも、今となってはどっちにしろその新卒ブランドで良い企業に勤められたとしてもそこに留まるっていうことはなかっただろうなあと思うので、後悔はありません。

 

また、なんでカナダを選んだかというと、

1, わかりやすい英語だよーって、誰かから聞いたから

2, 治安が良さそうだから

3, ワーホリビザが取りやすそうだったから

4, 物価もそんなに悪くない

5, 友達もカナダへ行ったから

 

という感じで、なんとなく知った聞いた情報を元にワーホリビザの取得できる国を比較して海外留学初心者に向いてそうだなという結論に至ったからです。

学生の頃からヨーロッパはあちこち行っていたけれど北米は初めてで、とにかくインターネットの情報と知り合いからの情報を元に決めました。

実際に来てみて、ビザを取ってみて、まあ事前のイメージと大きな差はありませんでした笑

なのでカナダワーホリを検討されている方、直感でなんとなく合いそうだなあと思えば試してみたら良いんじゃないかなと思います。結構、そういう方多いです。

ちなみに私は全然英語話せませんでした。かといって今がペラペラという訳ではないのですが、英語で困っていることは特にありません。わからないことは聞けば良いので笑

 

ではどんな風にカナダワーホリを過ごしたかというと、

バンクーバーで生活を始める

語学学校へ通う(3ヶ月)

トロントへ引っ越す

語学学校へ通う(1ヶ月)

ジャパレスでサーバーとして働く

といった感じです。

 

バンクーバーには4ヶ月間滞在で、英語の勉強がメインでした。

私が3ヶ月通った語学学校はこちらです。

ISSofBC | Immigrant Services Society of BC

 

他の学校との違いは、なんといっても料金です。

政府や州が難民や移民のために用意した学校なので、とっても安いです。

私が調べた当時(2014)は他の私立語学学校の半額や3分の1程度の学費でした。今もそれはあまり変わらないのかな?

また、今は少し状況が変わっているようですがエージェント等との繋がりもほとんどなかったため、料金の安さだけでなくワーホリ等で語学留学に来るアジア人が他の学校と比べ少なかったのも特徴かなと思います。(バンクーバーのロブソンストリートはアジアにいるかと錯覚するよね)

私もたまたまインターネットで検索していて、掲示板の一部にちょろっと載っているのを見つけるまではこの学校のことは全く知りませんでした。

当時は南米からの学生や、イランやサウジアラビアなど中東とアジア人がメインでヨーロッパからの学生は少なかったです。

あとは他の学校の様子はあまりわからないのですが、定年退職をした大人世代も割といて、70代の夫婦、30代の夫婦など・・老若男女幅広い層の学生と一緒に学べる環境はとっても穏やかでトライアルで行った他の語学学校の10代20代だけのクラスより私にとっては居心地のいい場所でした。

と、ISSofBCの良さを語り続け、現在日本からワーホリできた友人はそこの生徒として通っています。笑 彼女いわく今は日本人の割合も増えてきているそうです。

学校の手続き等のサポートの方も日本人が何名がいらっしゃるので、英語が不慣れな方でも安心ですよー!

f:id:holbaek:20170817073107j:image

ちなみに写真は最初のもこれも、当時のバンクーバーで撮ったもの。なつかしいい